《自己紹介》


 

1971年7月生まれ

子供の頃から割と虚弱体質でした。

 20代、仕事の無理が祟り自律神経失調症になり、約1年半の休職生活をしていました。

その時医師から処方された薬を飲んでいた私に、

「薬は体に悪いから絶対に飲むな!」と父が大反対。

医師と父との板挟みになった私を救ってくれたのは、たまたま図書館で見つけたハーブの本でした。

 

当時は人に合うのも嫌でしたが、

ハーブを育てるようになって自然と外に居る時間が長くなり、土や緑に触れて癒され、

近所の人からも花を頂いたりするうちに、人と接する事にも抵抗が無くなり、薬を飲まずに完治しました。

(後、2008年ハーブコーディネーター資格取得。)

 

結婚後、2人の子供に恵まれましたが産後からの月経に悩まされ、頭痛、悪寒、吐き気が酷く、

まともに起きていられない状態がひと月の半分近く有り、幼少の子供を抱えていながら家事・育児が出来ない分、

母や主人に相当な負担をかけていました。

婦人科で診察を受けましたが異常は無く、それでも月経が引き金となっているのであればと薬を勧められましたが、

以前の経験も有ったので、薬を飲まずに治す方法を探し、通い始めたのがピラティスでした。

 

まずそこに行った時の衝撃は、先生がとても若々しく美しかった事でした。

「同年齢で、同じく子供も居るのにこの自分との差は一体何?!」

ボロボロの自分、色々と諦めていた事に対しても、自分の努力次第でこうなれるとヴィジュアルで示された気がしました。

それからというもの、どんなに体が辛くとも

「例え帰ってから今日一日寝込んでも良いから、レッスンの1時間だけは休まずに頑張ろう!」

と週2~3回レッスンに通いました。

その甲斐あって半年後には大分体調が良くなり、一年後には普通の生活が送れるようになりました。

 

それまで化粧する気力すらなかったのが、

二年目からメイクや美容に気を使うようになり、

三年目からヨガも習い始め、プロポーションにも気を使うようになりました。

四年目にピラティスインストラクターの資格を取得し、五年目に教室を開きました。

 

仕事は一般事務、普通の主婦からピラティスインストラクターへというのが私の経歴です。

 

体調不良が続く事の苦しさや切なさ、

家族に迷惑をかけてしまう自分を不甲斐無く感じてしまう辛さはとてもよく理解できます。

子育て+家事+仕事の大変さも充分知っています。

自分に構っている暇なんて無いと思うかも知れません。

 

でも、そういう人でも、

自分で無理の無いように調整しながらこういう仕事が出来るという事、

諦めなければどんどん自分を変えていける事

趣味を深める事も、

色々な楽しみを経験する事も出来るという事を、

生徒さんと寄り添いながらインストラクターの仕事を通して示して行きたいと思っています。

体力が無ければそれをカバーしようと気力だけが空回りし、精神と肉体のバランスが崩れます。

体が健康になればおのずと精神と肉体のバランスがとれて、意欲も増してきます。

自分を含め、皆が心身ともに健康で、イキイキとした美しさを放たれる事を願って活動しております。

 

今行っているスポーツやダンス等、もっとパフォーマンスの向上を目指したいアスリートの

方にも十分な対応が出来るよう、精進中です!!。

 

根本 ゆり子